シェアハウスは、ベッドや部屋は各自で賃貸していきます。

シェアハウスというのは、1つの住まいを何人かでシェアして暮らすことです。
ハウスシェアリングやゲストハウスといった別の言い方もあります。
トイレやシャワー、それからリビングなどのものは住人共同で使っていき、ベッドや部屋などは各自で賃貸します。
ルームシェアという言葉と似ていますが、全くの別物になってきます。
ルームシェアですと気の合う友達同士で部屋を借り、家賃をお互い出し合いながら生活するのに対し、シェアハウスについては運営事業者がいて、契約をそこに住む方と結んでいきます。
外国では、大分前からシェアハウスはメジャーとなっていましたが、日本でも最近はドラマやテレビなどで取り上げられてから一気に注目されるようになりました。
若い方のライフスタイルが多様化していることからも、入居したいという方が増加し、東京をはじめ首都圏では人気がグンと高まっています。
投資物件としても、市場がイマイチパッとしないマンションやアパート経営の裏で、じわじわとブームがきています。